月経前症候群を軽減する【女性特有の悩み改善ナビ】

悩み

生理前に出る辛い症状

女性

生理前に普段とは違う症状が出てしまうことに悩む女性が多くいらっしゃいます。頭痛や疲れ、だるさ、むくみ、不眠などの身体的な症状のほか、イライラしたり不安になったり、落ち着きがなくなったりなどの精神的な症状にはならないでしょうか。この生理前の症状は月経前症候群と言われています。月経前症候群が発症してしまう原因には、女性ホルモンが大きく関係しています。排卵後に女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが大きく変動してしまうことが、女性の心身に大きな影響を与えているのです。出産後や更年期でも女性ホルモンの大幅な減少により、女性の心身に大きな変化が起こります。しかし、月経前症候群では、女性ホルモンの分泌量が普段より多くなってしまうことで起こります。女性ホルモンは、減少しても増加しても女性の体に変化が起こってしまいます。また、症状が非常に多いことも月経前症候群の特徴です。症状の数は200を超えていると言われており、人によって感じる症状が異なります。また、同じ人であっても体調や周囲の環境により、月によって症状が違ってきます。

辛い月経前症候群を緩和させるためには、主に食事と運動の2つのことが有効です。血糖値が下がることで、人は疲れを感じるようになるほか、イライラしやすい精神状況になってしまいます。月経前症候群の症状をより増幅させてしまうため、血糖値が下がっていると感じたら徐々に上げていくようにしましょう。豆類やいも類は徐々に血糖値を上昇させてくれるため、おすすめです。また、生活改善による効果が乏しい場合には、医療機関に診てもらうと良いでしょう。月経前症候群の治療は婦人科によるものがメインだと思われがちですが、実は精神科や心療内科でも治療を受けることが出来ます。月経前症候群は精神的な症状を伴う場合が多く、身体的なトラブルだけではありません。そのため個人によっては抗不安剤などの服用が必要となる場合もあるのです。最寄りに婦人科が無い方などは、精神科にかかってみても良いでしょう。婦人科とは違ったアプローチから治療を行ってくれるため、婦人科の治療で効果が薄かった場合にも効果アリです。

月経前に出てくる辛い症状

女性

月経前症候群は、月経の始まる数日前に起こる、痛みや便秘などの症状が現れる病気です。体が冷えると症状が悪化するので、日常生活でも工夫して体を温めるのがよいといわれています。イライラなどがひどい場合は、精神科や心療内科に相談するのがよいでしょう。

詳しくはコチラ

女性のからだについて

お腹

月経前症候群は心や身体に大きな影響を及ぼすものです。イライラ、憂鬱、腰痛、眠気、疲れやすい、むくみなど様々な症状が現れるのです。人によって現れる症状は異なるのです。症状を軽くする方法もあるので実践してみるのもいいでしょう。

詳しくはコチラ

女性特有の悩みと解決方法

お腹

月経前症候群というのは女性特有の悩みです。個人差も大きいので、人に伝わりにくいものです。症状があり悩んでいる人は、その症状を緩和させるための薬や漢方もありますし、食生活を気をつけたりリラックスを心がけたりしましょう。

詳しくはコチラ

月経前の不快な症状の改善

悩み

頭痛や腹痛、めまいや胸の張りなどの症状が月経前に現れる場合、月経前症候群の可能性があります。この月経前症候群は女性ホルモンの分泌異常によって引き起こされるため、改善には専門の医療機関への受診が必須となります。

詳しくはコチラ

女性が持つ生理前の悩み

女性

月経前症候群とは、多くの女性が悩まされる厄介な症状です。頭痛やいらいらなどが引き起こされ生活に支障もきたすおそれがあるため、まずは生理前の時期に必要な栄養素をきちんと補給するようにしましょう。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 月経前症候群を軽減する【女性特有の悩み改善ナビ】 All Rights Reserved.