月経前症候群を軽減する【女性特有の悩み改善ナビ】

女性

女性のからだについて

お腹

女性には約月に1回生理があるのです。生理というのは排卵によって排出された卵子が受精を行わなかった時に、子宮内膜が剥がれて体外に排出される現象なのです。生理が来る2週間前くらいから体調を崩す人も多くいるのです。これを月経前症候群といってPMSとも呼ばれているのです。月経前症候群はホルモンがアンバランスになり心と身体に様々な影響を及ぼすもので、人それぞれ症状の重さは異なるでしょう。月経前症候群になるとイライラする、孤独感を感じる、憂鬱になる、泣きたくなるなどの心に影響がでることもあるでしょう。その為、彼氏や旦那さんにいつもよりイライラして怒ってしまい喧嘩になってしまう事もあるのです。そうならない為にも自分が月経前症候群であることを伝えておく必要があるでしょう。相手に理解してもらうことで喧嘩を防ぐこともできるはずです。憂鬱な気分になったり、孤独感を感じたり、意味もなく泣きたくなってしまっても月経前症候群が原因だと自分に言い聞かせることも大切です。

肌荒れ、むくみ、腰痛、体重が増える、胸が張る、眠くなる、攻撃的になる、疲れやすくなるなどの身体にでる影響もあるのです。月経前症候群と上手く付き合う方法もあるのです。規則正しい食事をとるようにしましょう。栄養バランスが偏ると月経前症候群の症状は重くなるのです。緑黄色野菜、豆類、海藻類、玄米などの食品を積極的に摂るといいでしょう。逆に糖分、カフェイン、アルコール、添加物、パン、ケーキ、パスタなどは症状を重くしてしまう食品となっているのです。適度な運動をすることで月経前症候群の症状を和らげることができるでしょう。ウォーキングを30分行うだけでもいいのです。ストレスのある生活は避ける必要があるでしょう。月経前症候群になるといつもよりイライラが増してしまいますが、自分で自分をコントロールすることが大切です。リラックスした空間を作り、自分の好きなことをしてストレスを発散させるのです。症状が酷い場合は医師に相談してみるのもいいでしょう。治療により改善することも可能です。月経前症候群の治療は婦人科や精神科、心療内科などが主に請け負ってくれているので、それらの医療機関を頼ってみることがまず重要だと言えます。カウンセリングや処方箋による治療で、効果的に症状を改善することが出来るでしょう。

Copyright©2015 月経前症候群を軽減する【女性特有の悩み改善ナビ】 All Rights Reserved.